N612_yoyogikouendebaskwosurusyounen500

ミニバスも勉強も五感でイメージする

ミニ・バスケットボールでゴールを狙うトレーニングするには、基礎のシュート練習をすることも重要ですが、想像力やイメージすることも重要です。
その方法はいくつもあります。ミニバスだけではなく、勉強にも役立つのではないでしょうか。これから紹介する方法は、ミニバスを始めたお子様、興味を持ち始めたお子様とのコミュニケーションとしても有効です。

(さらに…)

Read More

N866_basuketogo-rutotaiikukan500-3

ミニバス|小学生のときはボールに慣れるのが重要

まずどのような球技・スポーツなどにおいても自分がプレイしたいる時は楽しさが実感できないようでは上達や興味は湧いてこないです。

友達がやってるから僕もでは結局長続きしないのは明白です。

バスケットボール特有のシュート成功の喜びを覚える

バスケットボールでのまず最初の魅力はゴールにボールがはいることの喜び、シュート成功を実感し『楽しい』と思う事が大切です。

小学生の基礎体力作りはどれだけ運動させて遊ばせるかで底上げされます。その時はバスケだけでなくいろんな球技をすることも重要かと思います。

野球・サッカー・バスケットなどなどいろんなスポーツにチャレンジする事です。そのなかでバスケがもっともっと旨くなりたいと思うようになれば上達の方法を入門書で調べて実践するのも面白いはずです。

球技の中で一番のポイントはボールに慣れることが一番の近道だと思います。目で見なくても大きさや重さが頭の中で想像でき実感できるようになれば頭の中でイメージトレーニングがより鮮明にできるようになるはずです。

このような状態までくれば普通の練習の効果が2倍3倍にも跳ね上がるはずです。それからプロ選手の動きやなども自分だったらこうプレイするなどとイメージトレーニングするのも上達の近道です。

最初の方は思うようにいかないと思いますがある日突然に出来なかった事が簡単に出来るようになるはずです。

Read More

N866_basuketogo-rutotaiikukan500-4

バスケの基本はシュート練習|ミニバスも同じ

ミニバスでも、プロバスケでもやはり基本はフォロー・スルーのシュート練習です。
ボールの重量や体格の違いも有り、特に背の低い選手に取っては不利になる事が多いフォロー・スルーのシュート。

実践ではドリブルからゴール下やレイアップに持ち込む方が確実に点になるのも確かですが、入る感触、確実に点を取る技術を考えたら、フォロー・スルーの練習は不可欠であり、永遠のテーマとなるのもこのシュート練習です。

 

何万回- 練習で正しいフォームを固定する価値

練習ではあれほど決まっていたのに、試合になると入らなくなるのは当たり前の事です。

特にメンタルが弱いとか、ディフェンスを入れた練習が足りないとかそういう問題ではなく、「状況変化しても崩れないフォーム」が身に付いていないからです。

まだ体が定まらない小学生だからこそ「フォロー・スルーのシュート練習」が重要なのです。
 
N612_yoyogikouendebaskwosurusyounen500
 
 

確実に点が入るフリースロー

身長にコンプレックがあったりプレッシングに弱い選手でも、フリースローはその弱点に影響されないスコアチャンスです。重要な試合で点を決めた時の印象は一生忘れられないものになるでしょう。

是非、フォロースルーの基本をコーチ自身が正確に覚え、子供達に練習の重要さを指導してみてください。

蛇足ですがー
教育、体育としてみた時のバスケは他のスポーツと比べると体格の影響を強く受け敬遠される場合もありますが、プロを見ると対格差が絶望的にも関わらず、大活躍する小ぶり(といっても決して低くは無いのですが周りが高すぎる)の日本選手に驚く事でしょう。

Read More

ミドルクラスのバスケットゴールシステム

ミドルクラスのバスケットゴールは、先に上げたミニバスにも使える家庭用バスケットゴール(低価格)に比べると、見た目も、利用素材もグレードアップします。

 

 

ボードの構造と素材

ボードはアクリル(クリスタル仕上げ)〜高級ポリカーボネートとなり、ボードの透明感も質感も一段階アップ。また、高さ調節機能は、ネジ式のテレスコープではなく、ハンド回し、またはグリップ式調節になります。

ベースタンクも大型でよりハードなプレイにも耐えられるようになっており、単なるシュート練習に終らない多方面での用途に使えます。

ポール(支柱)やフレーム、リムも各部位がより高度な機構を採用しています。
 

3万円〜6万円台のバスケットゴール

定価が5万円近くの商品〜 となるとオススメ商品も多くあります。
 

SPALDING シルバーポータブル

SPALDINGで最も売れている商品の一つかと思われます。ボード素材のアクリルは新品の時は非常に美しいのですが、経年劣化に少々弱く年を経ると透明度が低下する傾向にあります。SPALDINGは仕上げが若干甘い感じが有ります。

定価:64,800円(税込み)
市場価格:54,000円(最安値)〜64,800円

素材:アクリル
高さ調節:245cm~305cm、ラチェットリフト方式
 

ライフタイム LT-1479

LIFETIMEは上位品にポリカーボネートを採用する傾向があるようです。実用性と耐久性で言えばポリカーボネート。強化ガラスに近いのがアクリル製となります。

定価:73,200円(税込み)
市場価格:36,600(最安値)~43,970円

素材:ポリカーボネート
高さ調節:6段階(244~305cm)、クイックアジャスト方式

定価が6〜7万円の商品であればライフタイムでもポリカーボネートでも十分な性能が有りますが、更に上級のクラスですとイベントや3on3公式にも使われるレベルになります。
 

ライフタイム LT-1558

ポールをカバーするパッドや最新型の高さ調節を備え、高級ポリカーボネート、100リットルを超えるベースタンク、スチール製のボードフレーム等など、何れも高いレベルで仕上がっています。同価格帯にLT-71566があります。

定価:106,000円(税込み)
市場価格:59,800(最安値)~106,000円

素材:ポリカーボネート
高さ調節:6段階(244~305cm)、クイックアジャスト方式
 

SPALDING プラチナム

高さ調節が特殊な機構にありますが、プレーにはあまり影響がありません。このモデルはライフタイムのLT-1558同様にスチールフレームを採用しています。

定価:127,440円(税込み)
市場価格:98,000(最安値)~127,440円

素材:ポリカーボネート
高さ調節:228cm-305cm、スクリュージャックエレベーターシステム

関連:ミニバスにも使える家庭用バスケットゴール

Read More

ミニバスにも使える家庭用バスケットゴール

バスケットボールのゴールは簡単に家庭に設置できます。家庭用バスケットゴールは重量調整や移動も簡単で、外にしっかり据え置きするのも、勿論可能です。

ミニバス用は比較的安価な価格帯が好まれます。ストリームラインとよばれる「強化プラスチック」により低価格でも丈夫なゴールシステムが人気です。

長期、5~10年という期間の利用を考えるならアクリル、またはポリカーボネートの大型ボードが人気です。人気の理由はリアリティ。公式と同じ高さ、タフな構造、公式同型のバックボードはシュート練習などに最適だからです。

 

安心の2大ブランド ライフタイムとスポルディング

バスケットゴールを選ぶなら、品質チェックが有り保障体制もしっかりしたライフタイム(Lifetime)かスポルディングを選ぶのが無難です。

どちらも輸入販売会社がしっかりしているため保証がきちんと付けられる、部品の交換など長期サポートがある、販売停止商品も部品在庫を確保しているなど、バックグラウンドが整備されているからです。

滅多に壊れないものです。しかし、なぜ、部品にこだわってオススメするかというと、例えば「数年後に高さを変えようとしたら部品が破損していた」「ベースタンクに穴があいた」「台風で倒れてしまって傷ついた」「海に近く潮風に晒されて腐食がすすんだ」など、長く屋外に置かれる商品なら必ずある問題に直面した時、販売店から保障を受けられない事が多いのです。

■ SPALDING JAPAN

http://www.spalding.co.jp

■ Lifetime/ライフタイム(総合日本代理店:グローバル)

http://www.globall.co.jp

 

家庭用バスケットゴール 低価格タイプ

ミニバスの練習にも耐えうる低価格帯はバックボードの形状が本物のボートに近いサイズと形状のものをお薦めします。特にリム(リングとボードの接続部)の形状、品質は見落としがちなのでしっかりチェックしましょう。

「扇形」をした幼児から〜大人までと書かれているものは、ほぼほぼ、長くは使えないです。こうした製品を買う場合、5年後の利用予想をして買うのが正解です。

 

ライフタイム(Lifetime) LT-90089

送料込みで20,000円切っているのがポイントです。レイアップ可能な足場の確保など工夫が見られます。ネット通販のみになります。

定価:32,200円
市場価格:19900円(最安値)〜22,000円

素材:強化プラスチック
高さ調節:6段階(229cm~305cm)、テレスコープ方式

低価格帯ではボードと柱の間を繋げるアームにあまりコストが掛けられません。その結果、ボードとポール(柱)が密着するのでゴール付近の足場が不安定になります。それを解消するのが、ベースタンク(水や砂を入れるタンク)を後方に移す構造です。

 

SPALDING(スポルディング) NBA ハイライトコンポジットシリーズ

LT-90089と同価格帯になります。エココンポジットという素材は低価格帯でよく使われます。合成強化素材(プラ+合成繊維)のようです。

定価:27,000円
市場価格:19,800円(最安値)〜27,000円

素材:エココンポジット
高さ調節:6段階(228cm~305cm)、テレスコープ方式

 

SPALDING(スポルディング) ハイライトアクリルポータブル

NBA TEAM SERIESよりも高いクラスのモデルです。この価格帯ですと透明アクリルボードで高級感が増します。リム形状やボードサイズも公式に近いものになります。

定価:38,000円
市場価格:29,800円〜38,000円

素材:アクリル
高さ調節:6段階(230cm~305cm)、テレスコープ方式

このクラスでタンク容量100リットルはかなり大きな部類に入ります。サイズを確認してから買った方が良いでしょう。

 

ライフタイム(Lifetime) LT-90114

LT-90089とハイライトアクリルポータブルの中間的商品です。アクリルボードと強化プラスチックフレームの組み合わせで、ボード強度を確保しているのが特徴的です。

定価:39,000円
市場価格:27,500円〜39,000円

素材:アクリル
高さ調節:6段階(229cm~305cm)、テレスコープ方式

関連:ミドルクラスのバスケットゴールシステム

Read More

ミニバスケットボールの意義

小学生から始めるミニバスケットボール(略称:ミニバス)を導入する、参加人口を増やすという取り組みで日本国内のバスケット競技人口の増加を図ろうとしています。

子ども達が一層ミニバスケットボールを楽しむためには、プレイヤーであるお子様はもちろんの事、指導者、保護者、観客が一体となって環境を整えていく必要があります。

全員が全力を尽くす

長期的なプロも交えたプログラムを導入することにより、層の厚いスポーツに成長するという課題に取り組んでいます。

ミニバスケットボール(Mini basketball)の役割は、11歳以下でのバスケットボール競技を定着させる事です。発育家庭で成長が十分でない11歳以下のお子様にも、無理なく次の層(12歳以上の中学生バスケ)に移行する役割も担っています。

日本では12歳以下の小学生により行われる。国際的な競技の運営団体として、国際バスケットボール連盟のミニバスケットボール部門があります。日本では日本バスケットボール協会の加盟団体である日本ミニバスケットボール連盟が運営に当たっています。

bjリーグ

bjリーグは12歳以下も対象にしたコーチングキャラバンを行っています。

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bjacademy/article/718

日本初のプロバスケットボールリーグ『bjリーグ』では、子どもたちに”楽しく”バスケットボールに触れてもらうために、2008年よりアカデミー事業の一環として『bjリーグアカデミー』を立ち上げました。
「世界で活躍する選手を育てる」を大きな理念とし、幼児から中学生までを対象としたバスケットボールスクールを展開。それと同時に大会運営(bjリーグカップ)、学校訪問(スクールキャラバン)、スキル検定(スキルアップテスト)等を行っております。

JBA

12歳以上では以下のプログラムをJBAが用意しています。

http://www.japanbasketball.jp/training/

公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)では、「JABBA変革21」中長期強化計画「20年構想」の3本柱の1つとして、「底辺の拡充と選手の発掘・育成」を掲げています。この「底辺の拡充と選手の発掘・育成」を実現させるため、「エンデバー制度(一貫指導システム)」を構築し、2002年度より継続して取り組んでいます。また、2012年度より、長身選手の育成に特化した事業として、ジュニアエリートアカデミー(ビッグマン)を実施しています。

training_outline

20年という長いスパンを掛けてオリンピックなど国際競技でも十分に活躍できる選手を排出できるようなバスケットボール競技の風土と組織を作る事が目標です。

かつての野球やサッカーがそうだったように、バスケもまた競技人口の底上げによる国際的なレベルアップを目指しています。

日本ミニバスケットボール連盟の考え方

ミニバスを導入することにより、選手やバスケットボールに関わるコーチ、両親や他の地域の人によって関心・参加する心を養う事が目的です。

日本国内でバスケットボールが高いパフォーマンスとスポーツ界へのインパクトを高める唯一の方法だと考えています。国内でも人口の多い沖縄や全国レベルの競合が揃う東北(青森、秋田、岩手、宮城)等は幼児〜プロまで活発にバスケが行われています。これも幼児期からバスケに触れる機会が多いことによる成功を表しています。

バスケットボールのファンダメンタルは、彼らが年齢に関係なく、より良いプレイに接触する機会を得る事、そしてプロリーグや国際レベルの選手と接触する事にあります。

Read More